老化の原因80%は紫外線!? 正しい対策で光老化予防を!

今日はこの時期特に気になる紫外線対策についてお話しします!

「光老化」という言葉、耳にしたことありますか??
しみ、しわ、たるみといったお肌の老化は、加齢による自然老化もありますが、実は光老化が約8割と言われています。

紫外線は日焼けやしみを引き起こすだけでなく、肌老化を加速させるため注意が必要です!

ブログ画像

私たちが予防すべき紫外線には波長の異なるUV-AとUV-Bの2種類が存在します。

海などで強い日差しを浴び、肌が赤くなったり、ヒリヒリした経験ありませんか?
これが「UV-B」の影響です。UV-Bはエネルギーが強く、肌表面の細胞を傷つけたり炎症を起こすので、皮膚ガンやしみの原因になります。
これは普段から気をつけている方も多いかもしれませんね!

ブログ画像

そして、もう一方の「UV-A」
実は地上に到達している紫外線の95%を占めているのがこちらのUV-Aなんです。
UV-Aは、UV-Bほどエネルギーは強くないものの表皮だけでなく、20-30%ほどは肌の真皮層にまで到達してしまうため、長い時間をかけてダメージが蓄積し深刻な影響を及ぼします。

お肌のハリや弾力に必要なコラーゲンやエラスチンを破壊したり、結びつきを弱めて、シワやたるみといった老化現象を引き起こすのもこのUV-Aの仕業。
すぐに赤くなったりしない分案外見落とされがちなんです。

ブログ画像

UV-Aは雲や窓ガラスを通り抜けやすいという特徴があるため、曇りの日や家の中でも対策がは必要です!
自分でも気づかないうちにうっかり紫外線を浴びていた…、なんてことがないよう気をつけたいですね★

日焼け止めに記載してあるSPFが紫外線UV-Bを防ぐ指標。
PAがUV-Aを防ぐ効果を表す指標です。(「PA++++」のように+の数が多いほど効果が高くなっています。)

両指標を意識して日焼け止め選びをすることと、ムラなくしっかりと塗ること、汗をかいたらこまめに塗りなおすことがとても大切です^^

それでも心配!という方は、「飲む日焼け止め」も併用するのがおすすめです♪

ブログ画像

こちらは私も4年前から愛用しているのですが、見た目の印象とは違って、シダ植物で作られていてビタミン豊富なカプセルなので安心です^^

適度な日光浴(5分~数十分)はストレス緩和や、健康維持に必要なビタミンDの生成もしてくれるメリットもあるので、無理のない範囲で対策されてくださいね★

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA